年会費無料 比較 リクルートカード レックスカードライト 

ポイントカード、毎日得するおすすめ活用術

ポイントカードやクレジットカードのポイントを上手に貯めて、たくさん得をするポイントカードおすすめ活用術をご紹介しています。今のあなたのポイントカードやクレジットカードを利用状況を見直し、最もお得なポイントカードやクレジットカード、電子マネーを見つけられるようお手伝いさせていただきます。

ホーム » クレジットカードおすすめ情報 » クレジットカード比較 » 年会費無料 リクルートカードとレックスカードライトの比較

年会費無料 リクルートカードとレックスカードライトの比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

ここ最近、リクルートカードのことばかりお伝えいますが、リクルートカードは、私が今一番気になっているカードで、一番調べているので、あなたが興味があるのなら、お役に立てるかもと思って、調べたことをお伝えしています。

 

スポンサーリンク

 

 

今回は、リクルートカードと同じように、年会費や利用金額などを考えて、2種類から選べるレックスカードと比較してみます。

 

 

まず、リクルートカードには、リクルートカードとリクルートカードプラスがあります。

 

 

同じようにレックスカードにも、レックスカードとレックスカードライトがあります。

 

 

両方を一気に比べるととっても長くなりそうなので、まず、年会費無料のカード同士で比較してみたいと思います。

 

 

リクルートカードとレックスカードライトの比較表

 

 

 項目名 内容・解説 内容・解説
カード
名称
リクルートカード
リクルートカード
レックスカードライト
REXCARD Lite
国際
ブランド
VISA、JCB VISA
入会金
年会費等
永年無料 永年無料
ポイント
名称
リクルートポイント レックスポイント
ポイント
還元率
1.2% 1.25%
ポイント
の付き方
毎月の利用金額に1.2%分(月毎のポイントの小数点以下切り捨て) 毎月の利用金額2000円につき25点(月毎に2000円未満切り捨て)
ポイント
有効期限
通常ポイントは最終利用日から1年間、期間限定のポイントも有り ポイント獲得月から2年間
自社での
ポイント
還元率
2.2%~ 1.25%~1.5%
他社での
ポイント
還元率
1.2% 1.25%
ポイント
還元方法
ポンパレモール、じゃらんなどのリクルートが運営するサイトで利用 Jデポでクレジット利用金額の支払いに利用又はANAマイルに交換
ポイント対象となる電子マネーチャージ <JCBブランド>
nanaco、モバイルsuica
<VISAブランド>
nanaco、モバイルsuica、楽天Edy、SMART ICOCA
モバイルsuica、SMART ICOCA
その他 旅行傷害保険利用付帯
ショッピング保険付
国内又は海外旅行損害保険付帯

 

 

リクルートカードとレックスカードライトどっちがおすすめ?

 

年会費はどちらも永年無料ですので、最も気になるのはポイント還元率です。

 

 

単純に、数字だけを比較するとレックスカードライトの方が、0.05%高いので、レックスカードライトのほうがいいような気がします。

 

 

しかし、私が気になったことが2つあります。

 

 

まず一つ目は、ポイントが貯まる金額の単位です。

 

 

リクルートカードは、毎月の利用金額合計の1.2%なので、毎月切り捨てされてしまう金額が83円以下になります。

 

 

一方、レックスカードライトは、毎月の利用金額合計の2,000円毎に25ポイントなので、毎月切り捨てされてしまう金額が1,999円以下になります。

 

 

仮に毎月11,000円ずつ利用したとします。

 

 

レックスカードライトでは、
10,000円X1.25%X12ヶ月=1,500ポイント貯まります。

 

 

一方、リクルートカードでは、
10,500円X1.2%X12ヶ月=1,512ポイント貯まります。

 

 

いかがですか?

 

 

ポイント還元率では、レックスカードライトが上回っていますが、ポイントが貯まる金額の単位が違うだけで逆転してしまうんです。

 

 

もう一つの気になったことは、貯まったポイントの利用方法です。

 

 

レックスカードライトだと、JデポかANAマイルの交換のみです。

 

 

Jデポだとカード利用代金の支払いに使えるので、ポイントのお得感は強く感じられると思います。

 

 

一方、リクルートカードは、リクルートが運営するポンパレモールやじゃらんで利用することになります。

 

 

また、リクルートポイントは、7月30日からPontaポイントと相互交換できるサービスが始まりました。

 

 

ということは、リクルートポイントをPontaポイントとして、ローソンなどのお店で使うことができるようになったんです。

 

 

来年の春には、リクルートポイントは、Pontaポイントに変更されることが決まっていますので、今までよりも使いやすいポイントになるのは間違いありません。

 

 

この貯めたポイントの使い方は、クレジットカードを決める大切な要素の一つなので、あなたの好みに合った方を選ぶことをおすすめします。

 

 

因みに私には、Pontaポイントのことがあるので、リクルートポイントのほうが使いやすいと思います。

 

 


 
 
 

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
よく読まれている記事
毎日得するおすすめ活用術
おすすめ活用術最近の投稿
スポンサードリンク