リクルートカード JMBローソンPontaカード

ポイントカード、毎日得するおすすめ活用術

ポイントカードやクレジットカードのポイントを上手に貯めて、たくさん得をするポイントカードおすすめ活用術をご紹介しています。今のあなたのポイントカードやクレジットカードを利用状況を見直し、最もお得なポイントカードやクレジットカード、電子マネーを見つけられるようお手伝いさせていただきます。

ホーム » クレジットカードおすすめ情報 » クレジットカード活用術 » 年会費無料!リクルートカードとJMBローソンPontaカードのおすすめ併用活用術!

年会費無料!リクルートカードとJMBローソンPontaカードのおすすめ併用活用術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

前回、リクルートカードプラスとリクルートカードを併用して、ポイントをたくさん貯める方法をご紹介しましたが、リクルートカードプラスは年会費がかかるため、少しハードルが高いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そんなあなたのために、年会費無料のクレジットカードを併用して、ポイントをたくさん貯めるおすすめ活用術をご紹介します。

 


 

スポンサーリンク

 
 

今回ご紹介するのは、年会費無料のリクルートカードとJMBローソンPontaカードの2枚を併用したおすすめ活用術です。

 

 

前回同様、注目するのはポイント還元率と電子マネーへのチャージポイントと国際ブランドの3点です。

 

 

まず、ポイント還元率は、リクルートカードが1.2%、JMBローソンPontaカードが0.5%なので、メインカードとして使うのはリクルートカードです。

 

 

一般的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%なので、1.2%もあればメインカードとしては充分です。

 

 

ただし、コンビニのローソンでは、JMBローソンPontaカードのポイント還元率が2%になるので、ローソンではJMローソンPontaカードを使います。

 

 

普段の使い分けはこれだけです。

 

 

次に国際ブランドですが、JMBローソンPontaカードがVISAなので、リクルートカードはJCBを選びます。

 

 

これで、JCBとVISA両方の加盟店で使えるようになります。

 

 

そして、最後に電子マネーへのチャージですが、ローソンでは電子マネーを使う必要がないので、その他で使うことを考えます。

 

 

まず、セブン-イレブンなどで使えるnanacoには、リクルートカードでチャージをしてポイントを稼ぎます。

 

 

次に、楽天Edyには、JMBローソンPontaカードでチャージします。

 

 

これでどちらもチャージした金額分のポイントが貯まります。

 

 

モバイル版楽天Edyを使った時に貯まるポイントもPontaポイントにしておきます。

 

 

リクルートポイントとPontポイントは相互交換ができるので、これで、ポイントを1つにまとめることができるので、貯まったポイントの用途も広がります。

 

 

実は今回ご紹介した方法は、リクルートカード(VISA)を作るまで、リクルートカードプラス(JCB)とJMBローソンPontaカード(VISA)で私自身がやっていたポイントアップ方法です。

 

 

もし、メインカードの利用金額が28万円以上になるのなら、リクルートカードプラス(JCB)とJMBローソンPontaカード(VISA)の組み合わせて使うとさらにたくさんポイントが貯まります。

 

 

前回、今回とリクルートカードまたはリクルートカードプラスをメインカードにしてポイントを貯める方法をご紹介しましたが、共通していることは貯めるポイントを1つにまとめることができる点です。

 

 

繰り返しになりますが、貯めるポイントを一つにまとめることで、私のように家族旅行の宿泊費約2万円をポイントだけで払うこともできるようになりますし、もちろん買い物をすることだってできます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
よく読まれている記事
毎日得するおすすめ活用術
おすすめ活用術最近の投稿
スポンサードリンク