クレジットカード 初めて 使い方

ポイントカード、毎日得するおすすめ活用術

ポイントカードやクレジットカードのポイントを上手に貯めて、たくさん得をするポイントカードおすすめ活用術をご紹介しています。今のあなたのポイントカードやクレジットカードを利用状況を見直し、最もお得なポイントカードやクレジットカード、電子マネーを見つけられるようお手伝いさせていただきます。

ホーム » クレジットカードおすすめ情報 » クレジットカード基礎講座 » クレジットカードの使い方は?サインレスや暗証番号入力など

クレジットカードの使い方は?サインレスや暗証番号入力など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

お店で買い物をする時に、クレジットカードを出して「カードで!」とか「一回払いで!」と一言。
 
 
これでクレジットカードでの買い物は終わりません。

 


 

スポンサーリンク

 
 
今日は、クレジットカードを初めて使うあなたへお話をしたいと思いますので、すでにクレジットカードを使ったことがある方は、あまり参考にならないかもしれませんのでご了承下さい。
 
 
自分がクレジットカードを使ったことがなくても、他の人がレジでクレジットカードを出して買い物をしている姿を見たことはあるのではないでしょうか。
 
 
クレジットカードで買い物をするときには、確かにクレジットカード持ち主本人が買い物をした証明のために、レシートや伝票にサインをすることが多いです。
 
 
昔は最も主流の方法でしたが、今はサインをする以外に暗証番号を入力する方法とサインレスという方法があります。
 
 
それぞれの使い方を一つずつ簡単にご説明したいと思います。
 
 
まず、レシートや伝票にサインをする方法ですが、店員さんから出されたれシートや伝票にただサインをすればいいというものではありません。
 
 
きちんと印字されている金額や支払い方法などをしっかりと確認して間違いがなければサインをしましょう。
 
 
もし、ここで金額や支払い方法に間違いがあった場合には、遠慮無く店員さんに伝えて打ち直しをしてもらってください。
 
 
後から金額や支払い方法が違っていることに気がついても、変更はできますが、支払いをしてから気づいたのでは遅いですよね。
 
 
なので、ただサインをするだけじゃなくて、しっかりと印字されている内容を確認してサインをして下さい。
 
 
じゃあ、サインレスはどうなんだ!という話しですが、サインレスでもレシートや伝票を受け取ったら、必ず金額や支払い方法を確認してください。
 
 
サインレス=サイン不要は、スーパーの食料品売場やコンビニなど支払いをスピーディに済ませたいお店や売り場で行われている方法です。
 
 
また、一般的にサインレスを取り入れているお店や売り場では、一回払い以外の支払い方法は使うことができないのがほとんどです。
 
 
そのため、最低限、金額だけを確認しておけば間違いありません。
 
 
最近増えてきているのが、暗証番号を入力する方法です。
 
 
これは、クレジットカードに搭載されているICチップから必要な情報を読み取っているので、カード名義人本人が利用していることの確認のために暗証番号の入力のみで買い物ができるんです。
 
 
最初は、面倒臭いと思うかもしれませんが、最も不正利用を防げる利用方法ですし、サインをすることを考えたら、暗証番号入力のほうが楽ですよね。
 
 
クレジットカードを使って買い物をすれば、その場で現金のやりとりがない分だけ簡単に買い物ができますが、その代わりに、利用するあなた自身がしっかりと確認する必要があります。
 
 
お店の店員さんも人ですので、間違えることはあります。そんなときは、その場でしっかりと確認して、スマートに、優しく、打ち直しをしてもらいましょうね。
 
 
 

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
よく読まれている記事
毎日得するおすすめ活用術
おすすめ活用術最近の投稿
スポンサードリンク