クレジットカード イメージ

ポイントカード、毎日得するおすすめ活用術

ポイントカードやクレジットカードのポイントを上手に貯めて、たくさん得をするポイントカードおすすめ活用術をご紹介しています。今のあなたのポイントカードやクレジットカードを利用状況を見直し、最もお得なポイントカードやクレジットカード、電子マネーを見つけられるようお手伝いさせていただきます。

ホーム » クレジットカードおすすめ情報 » クレジットカード基礎講座 » クレジットカードに対するあなたのイメージは?

クレジットカードに対するあなたのイメージは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

あなたはクレジットカードに対してどんなイメージを持っていますか?

 

 

  1. 落としたり失くした時のことを考えると怖い。
  2. 借金をしているようでいやだ。
  3. 作り方も使い方もよくわからない。
  4. 申込みの時にたくさん書かないといけないので面倒だ。

 

 

などなど、これは実際に私が前の会社で働いていた時に、お客様から聞くことができた貴重なご意見です。(但し、良くないイメージだけを書きました。)

 


 

スポンサーリンク

 
 

これからクレジットカードを有効に活用してポイントを貯めようとするためには、クリアしないといけないことばかりですので、1つずつ簡単にご説明したいと思います。

 

 

落としたり失くした時のことを考えると怖い。

 

 

これは、落としたカードを他人に不正利用されることが怖いんですよね。落としたカードを使われて何十万円もの請求がきたら驚きますからね。

 

 

しかし、安心してください。

 

 

まず、クレジットカードを失くしたことに気がついたら、クレジット会社へ電話連絡をしてクレジットカードを使えないように紛失の届けを出しましょう。これで一安心です。

 

 

もしも、カード会社へ紛失の届けを出す前に、失くしたクレジットカードを他人に不正利用されることあったばあいには、クレジットカードには、盗難保険や盗難補償と呼ばれるものがついています。

 

 

この保険があるので、不正使用されてもあなたがお金をはらう必要は、1円たりともありません。保険会社やクレジット会社が弁済してくれます。

 

 

但し、警察に被害届を出したり、クレジット会社へ紛失の連絡をいれるなど、あなたが最低限やらなければならないこともあります。

 

また、あなたに何らかの落ち度がある場合(例えば上記届けを出さなかったなど)には、盗難保険の対象外になってしまうことがありますので、普段から自分のクレジットカードは、自分でしっかりと管理することがとても大切です。

 

 

※これがお客様の一番大きな不安でした。

 

 

 

借金をしているようでいやだ。

 

 

これはその通りです。クレジットカードで買い物をするということは、一時的に借金をするということで間違いありません。

 

 

しかし、決して悪いイメージを持つことではありません。特に一回払いは、小銭を出す手間を省き、欲しい物を先取りするし、しかもポイントまで貯まるという、いいことばかりです。

 

 

但し、よくテレビCMなどで言われているように「ご利用は計画的に!」を守って、後で必ず支払いをしなければいけないことを理解した上で有効に活用することが大切です。

 

 

 

作り方も使い方もよくわからない。

 

 

確かにスタンプカードや現金払いのポイントカードのように簡単ではありません。

 

 

しかし、パンフレットやホームページなどをよく見たり、店員さんに聞いたりして、理解していくとそんなに難しくはありません。

 

 

一度、チャレンジしてみることをお勧めします。
また、当サイトでは、この後作り方や使い方についてもご説明していく予定ですので、そちらでもご確認してください。

 

 

 

申込みの時にたくさん書かないといけないので面倒だ。

 

 

これも気持ちはよくわかります。
確かにクレジットカードの申込書は以前にも増して複雑になっています。

 

 

しかし、これは、貸金業法や割賦販売法などとクレジットカードに関連する法律が改正され、より厳しい基準が設けられたことによるものです。

 

 

また、②では借金という表現をしましたが、クレジットは、私達が買い物をしたお店に、クレジット会社がお金を立て替えて払ってくれています。

 

 

そのため、クレジット会社はクレジットカードの申込み者に対しては、適正な審査をする必要がありますので、そのために必要な項目は、申込者本人から取得するしか方法がないのです。

 

 

 

これで、あなたのクレジットカードに対するイメージが良くなったかどうかはわかりませんが、大切なことは、ポイントカードでも電子マネーでもクレジットカードでも、内容を理解して作り、使うことで本当に有効活用ができますので、面倒だと思わずにぜひチャレンジしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
よく読まれている記事
毎日得するおすすめ活用術
おすすめ活用術最近の投稿
スポンサードリンク