タカシマヤセゾンカード タカシマヤカード おすすめ

ポイントカード、毎日得するおすすめ活用術

ポイントカードやクレジットカードのポイントを上手に貯めて、たくさん得をするポイントカードおすすめ活用術をご紹介しています。今のあなたのポイントカードやクレジットカードを利用状況を見直し、最もお得なポイントカードやクレジットカード、電子マネーを見つけられるようお手伝いさせていただきます。

ホーム » 業種・分野別カードおすすめ情報 » デパートのカードおすすめ情報 » タカシマヤセゾンカードとタカシマヤカードおすすめは?

タカシマヤセゾンカードとタカシマヤカードおすすめは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

あなたはデパートでよく買い物をしますか?

 

 

デパートのクレジットカードはメインカードとして使うには、ちょっと物足りないカードが多いのですが、今回ご紹介する高島屋のクレジットカード2種類のうち1種類はメインカードとしても使えるカードです。

 

 

あなたが、高島屋でよく買い物をするのなら、しっかりチェックしてみてくださいね。

 


 

スポンサーリンク

 
 

今回ご紹介するのは、タカシマヤカードタカシマヤセゾンカードの2種類です。

 

 

まず、いつものように年会費についてですが、タカシマヤカードは初年度は無料ですが、2年目からは2,000円(税抜)がかかります。

 

 

一方、タカシマヤセゾンカードは永年年会費無料です。
 

 
タカシマヤカードもセゾンブランドが付いているのですが、年会費が違いますので注意してくださいね。

 

 

次に重要なポイント還元率ですが、高島屋での利用の場合は、タカシマヤカードは一般商品で8%とかなりの高還元率です。しかし、他社での還元率は0.5%とちょっと物足りません。

 

 

一方、タカシマヤセゾンカードは、高島屋での利用の場合は、一般商品で2%とタカシマヤカードと比べるとかなり落ちますが、他社での還元率も1%あるため、メインカートとして利用して、貯まったポイントを高島屋の買い物で利用するのも良いと思います。

 

 

また、タカシマヤセゾンカードは高島屋での年間買い物金額に応じて、最大で+3%になり、最大5%までポイント還元率がアップします。

 

 

最後に貯まったポイントの利用についてですが、利用方法は高島屋のお買物券への交換、高島屋オンラインストアでの利用、ANAマイレージクラブのマイルへの交換となっています。

 

 

お買物券とオンラインストアでの利用の場合には、1ポイント=1円となります。

 

 

一方、ANAマイルへの交換は、2000ポイント=500マイルと交換率が低いため、他のANAマイルが貯まるカードとの比較をしてみる必要があります。

 

 

【タカシマヤカードはこんな方におすすめ!】

 

・年会費が掛かってもポイントでそれ以上お得なら良い。
・高島屋で一般商品(還元率8%対象商品)を年間4万円以上購入する。
・ANAマイルを貯めるサブカードとして利用する。(但し、高島屋の一般商品をメインで購入する場合に限る)

 

 

【タカシマヤセゾンカードはこんな方におすすめ!】

 

・年会費永年無料のカードが良い。
・メインカードとして利用してポイントを貯めて、貯まったポイントは高島屋の買い物で利用する。

 

 
 
 

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
よく読まれている記事
毎日得するおすすめ活用術
おすすめ活用術最近の投稿
スポンサードリンク