シェル-Pontaクレジットカード ENEOSカードS おすすめ

ポイントカード、毎日得するおすすめ活用術

ポイントカードやクレジットカードのポイントを上手に貯めて、たくさん得をするポイントカードおすすめ活用術をご紹介しています。今のあなたのポイントカードやクレジットカードを利用状況を見直し、最もお得なポイントカードやクレジットカード、電子マネーを見つけられるようお手伝いさせていただきます。

ホーム » 業種・分野別カードおすすめ情報 » ガソリンスタンドのカードおすすめ情報 » シェルPontaクレジットカードとENEOSカードおすすめは?

シェルPontaクレジットカードとENEOSカードおすすめは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

車に乗っていると給油するガソリンスタンドって、自宅近くでも、職場近くでも同じ系列店舗を利用することが多くないですか?

 

 

特に決まった系列店舗はなくて、その場所その場所にあるガソリンスタンドで給油している人は、ガソリンスタンドでも専用のクレジットカードではなく、普段使っているクレジットカードを使っている人が多いです。

 

 

スポンサーリンク

 
 
私はガソリンスタンドだけはメインカードとは別のクレジットカードを使って給油する派です。

 

 

随分前のことですが、以前はコスモで給油していましたが、ENEOSカードの存在を知ってから、かれこれ10年以上ENEOSで給油しています。

 

 

私はメインカードにポイント還元率2%のリクルートカードプラスを使っているので、ガソリンスタンドで使うクレジットカードはそれ以上のポイント還元率か値引きのあるカードというのが条件になります。

 

 

そして、最近は車で通勤をしなくなったので給油量が大幅に減っているので、私の場合は、給油量に応じて値引き金額が変わるカードも不向きです。

 

 

そんなことを考えて私はENEOSカードSをガソリン給油のみで使っています。

 

 

私が給油しているENEOSのガソリンスタンドでは、その店舗発行のENEOSカードだったら店頭表示価格から1L2円引きなので、ENEOSカードSの請求時1L2円引きと合わせると4円引きになるので、リクルートカードプラスで入れるよりもお得です。

 

 

レギュラーガソリンの単価が200円を超えない限り、ENEOSカードSの方がお得になります。

 

 

このようにメインカードがあって、ガソリンスタンド専用のサブカードとして利用するには、ENEOSカードSはとってもおすすめですが、でも、ENEOS以外でのポイント還元率が低いので、メインカードとして使うには物足りないカードです。

 

 

カードの枚数を増やしたくないので、メインカード1枚でガソリンスタンドでも使いたいなら、シェルPontaクレジットカードがおすすめです。

 

 

シェルPontaクレジットカードは昭和シェル石油以外でつかってもポイント還元率が1%とメインカードとして利用するには充分です。

 

 

そして、昭和シェル石油ではPontaポイントが1Lにつき2ポイント貯まるので、ガソリン給油用サブカードとしての役割も果たしてくれます。

 

 

年会費もPonta提携店の昭和シェル石油で年1回利用をすれば無料になるので、ガゾリン給油が少ない人でも年会費無料条件を簡単にクリアできるので、年会費の心配も必要ありません。

 

 

唯一、シェルPontaクレジットカードをおすすめできない人は、Pontaポイントを貯めても使い道がない人です。

 

 

クレジットカードのポイントは貯めるだけではなくて、有効活用できるということが大切です。

 

 

そのため、普段Pontaポイントを使うことがないのなら、ポイントを有効活用できる別のカードを探した方がいいです。

 

 

それでは最後にまとめです。

 

 

既にメインカードを持っていてガソリン給油用サブカードを探しているならENEOSカードSENEOSカードSENEOSカードSがおすすめです。

 

ENEOSカードENEOSカード

 

 

メインカードとガソリン給油用サブカードを1枚で済ませたいなら、シェルPontaクレジットカードがおすすめです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
よく読まれている記事
毎日得するおすすめ活用術
おすすめ活用術最近の投稿
スポンサードリンク