ホーム » 業種・分野別カードおすすめ情報 » スーパーマーケットのカードおすすめ情報 » UCSカードで得するおすすめ活用術

UCSカードで得するおすすめ活用術

読了までの目安時間:約 5分

今回は、日本の小売業でイオングループ、セブン&アイグループに次ぐ3番目の売上高を誇るユニーグループをご紹介します。

 

 

ユニーグループは、東海、関東を中心に総合スーパーやスーパーマーケットのアピタ、ピアゴ、miniピアゴ、全国でコンビニのサークルKサンクスなどを運営する日本国内で6000以上の店舗を運営している流通業の最大手の一角です。

 

 

そんなユニーグループの店舗とUCSカードを有効活用することで、あなたもお得な買物をすることができるようになります。

 

 

スポンサーリンク

 

現在、ユニーグループの店舗を利用していない方は、現在利用している店舗やポイントカードと比較をして、お得にお買い物をするための参考にしてください。

 

 

UCSカードの特長

 

 

UCSカード

 

項目名 内容・解説
カード名称 UCSカード
国際ブランド JCB、VISA
入会金・年会費等 無料
ポイント名称 Uポイント
自社でのポイント還元率 0.5%
他社でのポイント還元率 0.5%
ポイント還元方法 ユニー商品券、商品、マイルへの交換など多数あり
ポイント有効期限 最大2年間
安心付帯サービス ショッピング安心保険
カード盗難保障
その他 年間5000ポイント獲得でロイヤルメンバーとなり翌年のポイント20%アップ

 

 

 

 

ユニーグループ店舗でのお買い物お得デー

 

 

アピタ・ユーホーム5%OFFデー

 

 

毎月19日、20日に、アピタ、ユーホームにてUCSカード提示で5%引き(現金払い・クレジット払いともに可)

 

 

ピアゴ5%OFF感謝デー

 

 

毎週金曜日に

ピアゴにて、UCSカード提示で5%引き(現金払い・クレジット払いともに可)

 

 

Uポイント2倍デー

 

 

毎月第2、第4日曜日にアピタ・ピアゴ・ユーホームにて、UCSカードクレジット払いでUポイント2倍

 

 

毎週土曜日、日曜日にサークルKサンクスにて、UCSカードクレジット払いでUポイント2倍

 

 

UCSボーナスUポイント

 

 

アピタ・ピアゴの店内対象商品購入をUCSカードクレジット払いで買うと通常ポイント+ボーナスポイントがもらえる。

 

 

 

UCSカードのお得なおすすめ活用術

 

 

もともとのポイント還元率が自社利用でも0.5%と低いため、正直なところ、ポイントだけでお得な活用術を見つけるのが難しいです。

 

 

それでも、これだけの店舗網がありますので、お買い物お得デーをフル活用すれば、何とかポイント還元率1%は確保することができますので、サブカードとしては充分活用できます。

 

 

ユニーグループがあなたの生活に欠かすことができないようでしたら、UCSカードで公共料金や携帯電話などの支払いもまとめて、年間5000ポイント以上獲得することで、ポイント還元率を0.6%にアップさせることができます。

 

 

余談ですが、私は中日ドラゴンズファンなので、年会費は300円かかりますが、UCSドラゴンズカードが欲しいです。

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
よく読まれている記事
毎日得するおすすめ活用術
おすすめ活用術最近の投稿
スポンサードリンク