ポイントカード 制約事項 会員規約

ポイントカード、毎日得するおすすめ活用術

ポイントカードやクレジットカードのポイントを上手に貯めて、たくさん得をするポイントカードおすすめ活用術をご紹介しています。今のあなたのポイントカードやクレジットカードを利用状況を見直し、最もお得なポイントカードやクレジットカード、電子マネーを見つけられるようお手伝いさせていただきます。

ホーム » ポイントカードおすすめ情報 » ポイントカード基礎講座 » ポイントカードの制約事項(会員規約)

ポイントカードの制約事項(会員規約)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

申込書を書いて作ったポイントカードの場合には、パンフレットや会員規約をもらって帰ったことはありませんか?

 

 

持っている場合には、捨てないで持っておくことをおすすめします。

 


 

スポンサーリンク

 
 

だいたい書いてあることは、

 

  • ポイントの付き方
  • ポイントが貯まった後どうなるのか。(特典)
  • ポイントの有効期限
  • ポイントカードは誰が利用できるのか。
  • ポイントが付く商品とつかない商品

 

など、こんな感じです。

 

 

ポイントの付き方、貯まった後どうなるのか。については、これまでに、当サイトでも書いて来ましたので、その他の項目について確認しておきます。

 

 

特に注意をする必要があるのは、貯まっているポイントの有効期限です。

 

 

多くのポイントカードのポイントには有効期限があります。一般的には、短いものだと1年程度、平均的には、2年間から翌々年の年度末ぐらいです。

 

 

この期間を過ぎてしまうと特典と交換ができなかったり、ポイントが失効してゼロポイントからスタートになります。

 

 

最近では、最終利用日から1年間という有効期限も増えてきています。これは、利用をする度に有効期限が伸びていくので、利用を続けていれば実質無期限の状態になります。

 

 

ポイントカードを発行している会社の思惑で、有効期限はさまざまですので、ポイントの付き方と特典の次には、有効期限のチェックを忘れないでください。

 

 

また、申込書を書いて発行する記名式のポイントカードの場合には、利用する人が本人のみに限定されていることが多いです。

 

 

ただ、これは規約上だけで、実際には家族が利用しても特に何も言われないことが多いですが、もし、何か言われた時には、その場で「一緒に来ている」などと、多少ごまかすことも必要かもしれません。

 

 

最後にポイントが付かない商品についてです。一般的には金券に類するものにはポイントがつかないのですが、他にも、特売品などでポイントをつけることを制限しているケースがありますので、お店の方によく確認をしておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
よく読まれている記事
毎日得するおすすめ活用術
おすすめ活用術最近の投稿
スポンサードリンク