クレジットカード 電子マネー ポイントカード

ポイントカード、毎日得するおすすめ活用術

ポイントカードやクレジットカードのポイントを上手に貯めて、たくさん得をするポイントカードおすすめ活用術をご紹介しています。今のあなたのポイントカードやクレジットカードを利用状況を見直し、最もお得なポイントカードやクレジットカード、電子マネーを見つけられるようお手伝いさせていただきます。

ホーム » ポイントカードおすすめ情報 » ポイントカードの整理整頓 » ポイント+電子マネー+クレジットのオールインワンカード

ポイント+電子マネー+クレジットのオールインワンカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

前回のイオン共通ポイント参入では、共通ポイントが増えることは、生活スタイルや利用店舗などによって、貯めるポイントが選べるようなり、ポイントが貯まりやすくなるというお話をしました。

 

 

正直に言って、私は共通ポイントのカードは、貯めるか貯めないかは別にして、一通り持っておいて損はないと思っていますし、実際に持っています。

 

 

その中から実際に利用頻度の高いものだけをチョイスして、財布の中に入れておけばいいのですが、財布の中がカードで一杯になるので増やしたくないという気持ちも分かります。

 

 

そこで、今回はカードの枚数を減らすことができるカードをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

実際、私もカードの枚数を減らすために、ポイントカードとANAマイレージカードとクレジットカードが1枚になっているカードに作り替えて、3枚のカードを1枚にしたことがあります。

 

 

しかし、当時の私はカードの枚数を減らすことだけしか考えてなかったので、ポイントが貯まりやすくなるという点は3枚持っていたときも1枚になった後も同じでした。

 

 

今回ご紹介する3枚のカードを1枚にまとめる方法は、今使っているクレジットカードのポイント還元率が1%未満の場合には、今よりもたくさんポイントが貯まるようになりますので、ぜひ、比べてみてくださいね。

 

 

今回ご紹介するクレジットカード+電子マネー+共通ポイントカード機能が1枚になっているカードは、楽天カードです。
楽天カード

 

 

あまりにも有名なカードなので、がっかりされた方もいるかもしれませんが、私が持っている楽天カードには、電子マネーの楽天Edy機能も共通ポイントの楽天ポイントカード機能もついていませんが、今は1枚に3つの機能が付いたカードになっています。

 

 

では、3つの機能が1枚のカードになることでどんな良いことがあるのでしょうか。

 

 

まず一つ目は、既に楽天Edyカードと楽天ポイントカードを別々に持っていて、さらにクレジットカードを持っている場合には、財布の中から2枚のカードを減らすことができます。

 

※既に楽天カード(クレジット)を持っている場合には、先に今持っている楽天カードを解約してから、再度、申込みをし直すことになりますので注意してください。

 

 

ここで、今持っているクレジットカードがポイント還元率0.5%だったら、クレジットカードが楽天カードになるだけで、0.5%分ポイントが多く貯まることになります。

 

 

さらに、電子マネー楽天Edyがついていることで他にもポイントを貯める方法があります。

 

 

それは、楽天カードで楽天Edyにクレジット払いでチャージすることで0.5%分のポイントが貯まり、その楽天Edyを使って買い物をすることでさらに0.5%分のポイントが貯まります。

 

 

楽天Edyへのチャージ分と利用分で合わせて1%ですので、楽天カードでクレジット払いをした時と同じ還元率になりますので、楽天カードを使えばいいんじゃないかと思いますが、そうではありません。

 

 

楽天カードでクレジット払いできないお店でも、楽天Edyが使える場合には、上記の楽天Edyを使って買い物をすることができますので、1%分のポイントを貯めることができるお店が増えることになります。

 

 

カードを作り替えるときには、手続きが面倒だなぁと思いますが、3枚のカードが1枚になるだけではなく、ポイント還元率がアップしたり、ポイントを貯める店が増えることなどを考えると、ぜひ、現状と比較してみることをおすすめします。
楽天カード
 
 
 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
よく読まれている記事
毎日得するおすすめ活用術
おすすめ活用術最近の投稿
スポンサードリンク